~大阪の交通事故弁護士~ 対スコットランド戦で気になったことなど

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

~大阪の交通事故弁護士~ 対スコットランド戦で気になったことなど

コラム

2019/10/15 ~大阪の交通事故弁護士~ 対スコットランド戦で気になったことなど

 

2019.10.15

 

今日も大阪市天王寺区(大阪上本町・谷町九丁目)の事務所で、交通事故被害者からの受任事務を処理しています。

 

13日夜のラグビーワールドカップの日本対スコットランド戦を見ていて、少し気になった点を書き出してみます。

 

まず、完全に支配できているラックからボールを出さずにキープしている際、相手FWにコンタクトされてボールを奪われるケースが散見されました。私がラグビーをやっていた頃とは、このラックの整理のされ方が大きく異なり、戸惑いながら見ているのですが、私的には「やはりそう来るよね」と感じたところです。ラックという概念の理解、それにまつわるルール解釈の差異が根底にあるのかもしれませんが、やはりもったいないと感じます。早急に対策を立てるべきでしょう。当然、南アフリカも見ていたわけですから。

 

また、今のラグビーは高いボールでのキックパスが多くなっています。この試合でも序盤に危ないシーンがありましたね。日本も素晴らしい両ウイングを持っているのですから、もっとやってもいい戦術だと思います。もちろん、グラバーキックで転がしてもよいと思います(これは日本もやっていますね。)。特に福岡には下のボールへの良いイメージが残っていると思います。スコットランド戦のようにセンターからのグラバーでもよいかな、と。

 

逆にキックパスをされる側として考察すると、他国の試合でオフサイドだと思われるものがありました。そういう場合はゲームキャプテンを中心に、しっかりとレフェリーにアピールをしてビデオ判定に持ち込むべきです。少しでも怪しいと感じれば、駄目もとでアピールです。それにより、相手ウイングの出足を鈍くするという効果は期待してよいでしょう。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

岸正和法律事務所

【住所】
〒543-0072
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号
※ 近鉄各線大阪上本町駅
大阪メトロ各線谷町九丁目駅からすぐ

【電話番号】
06-6777-7157

【営業時間】
09:00~19:00

【電話受付時間】
08:00~23:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP