14 H30.10.26 交通事故損害賠償の「損害」とは その14

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

14 H30.10.26 交通事故損害賠償の「損害」とは その14

交通事故損害賠償の「損害」とは?

2018/11/07 14 H30.10.26 交通事故損害賠償の「損害」とは その14

2018.10.26

 

大阪市天王寺区(大阪上本町・谷町九丁目)には、先ほどから雨が降り始めました。
今日は、後遺障害による逸失利益の算定方法のうち、基礎収入の算定の話(10月4日)の続きをします。

 

② 家事従事者
→休業損害の場合に準じる。

③ 幼児、生徒、学生
→原則:学歴計・全年齢平均賃金を基礎
→例外:

A 大学生又は大学への進学の蓋然性が認められるもの
→大学卒・全年齢平均賃金を基礎
B 年少女子
→原則として、男女を合わせた全労働者の学歴計・全年齢平均賃金を基礎

未就労者の逸失利益の算定方法
→基礎収入×労働能力喪失率×{(67歳-症状固定時の年齢)年のライプニッツ係数-(就労開始の年齢-症状固定時の年齢)年のライプニッツ係数}
具体例
症状固定時10歳の男子が後遺障害等級5級(労働能力喪失率79%)の後遺障害を負った場合の一般的な計算式
男性全年齢平均賃金×0.79×(18.7605【57年のライプニッツ係数】-6.4632【8年のライプニッツ係数】)
※ 10歳児であれば、就労開始の年齢を18歳となる。カッコ内は12.2973となる

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

岸正和法律事務所

【住所】
〒543-0072
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号
※ 近鉄各線大阪上本町駅
大阪メトロ各線谷町九丁目駅からすぐ

【電話番号】
06-6777-7157

【営業時間】
09:00~19:00

【電話受付時間】
08:00~23:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP