「王城の護衛者」  松平容保公と御宸翰

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

「王城の護衛者」  松平容保公と御宸翰

コラム

2018/09/01 「王城の護衛者」  松平容保公と御宸翰

私は、奈良から上本町までの長い通勤時間中、読書をしています。仕事に関する書籍を読むことが多かったのですが、最近は好きな歴史小説を読むことにしています。少し前に司馬遼太郎さんの「王城の護衛者」を読み、今は「最後の将軍」を楽しんでいます。

 

前者は、幕末の会津藩主松平容保公の物語です。私は、幕末期ではこの人物のことを最も好きなのだと思います。自己犠牲と至誠の人であり、もし太平の世に生まれていれば名君として一生を全うした方でしょう。しかし、歴史はこの人にとって過酷なものでした。

 

容保公が、孝明天皇からの御宸翰を終生肌身離さず持ち続けていたというエピソードには、いつも胸が締め付けられる感じがします。

 

TOP