神戸市立美術館「スコットランド国立美術館 THE GREAT美の巨匠たち 展」を、9月中旬、鑑賞してきました

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

神戸市立美術館「スコットランド国立美術館 THE GREAT美の巨匠たち 展」を、9月中旬、鑑賞してきました

コラム

2022/10/09 神戸市立美術館「スコットランド国立美術館 THE GREAT美の巨匠たち 展」を、9月中旬、鑑賞してきました

2022.10.9

 

今日も大阪市天王寺区(大阪上本町・谷町九丁目)の事務所で、交通事故被害者からの受任事務を処理しています。

 

9月中旬、出張のついでに、神戸市立美術館「スコットランド国立美術館 THE GREAT美の巨匠たち 展」を鑑賞してきました。

 

美術館のホームページから引用しますと、「本展では、このスコットランドの誇る至宝の中から、ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示します。ヨーロッパの巨匠たちによる芸術に触発されて生まれた、ゲインズバラ、レノルズ、コンスタブルらによる英国絵画、特に、レイバーン、グラントなど、スコットランド出身の画家たちの珠玉の名品も多数出品。合わせて8789点の作品のうち、75点が日本初出品のものです。」ということで、非常に価値のある展示内容だと思います。

 

私は美術館に行くのは好きなのですが、正直、絵画について深く勉強をしようと思ったことはなく、「あっ、この絵いいな。」と感じることを重要視しているのですが、そういう人にとっては、この展覧会はかなり価値があるものだと思います。素人的観点から綺麗な絵が多いのです。

 

誰もが見たことがあるだろうグラントの若い女性の絵は、私も好きな絵だったのですが、その絵も、美術館ホームページによると「グラント(1803-78)は、ヴィクトリア朝のエリートたち御用達の肖像画家でした。その彼が、愛すべき次女・デイジーを 描いたのが本作。雪景色のなか、自信に満ちた表情でこちらを見つめるスタイリッシュなデイジーは、実は結婚を目前に 控えていました。グラントが亡くなるまで身近に置いていた作品で、家族への愛情に満ちた一面を伝えます。」というものだそうです。以前から、温かい、優しい絵だなと感じていたので、やっぱりという感想です。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

岸正和法律事務所

【住所】
〒543-0072
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号
※ 近鉄各線大阪上本町駅
大阪メトロ各線谷町九丁目駅からすぐ

【電話番号】
06-6777-7157

【営業時間】
09:00~19:00

【電話受付時間】
08:00~23:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP