~大阪の交通事故弁護士~ マーケットのお話 その2

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

~大阪の交通事故弁護士~ マーケットのお話 その2

コラム

2020/03/20 ~大阪の交通事故弁護士~ マーケットのお話 その2

2020.3.20

 

今日も大阪市天王寺区(大阪上本町・谷町九丁目)の事務所で、交通事故被害者からの受任事務を処理しています。

 

マーケットの話を続けましょう。

 

マーケットに限らず、現実社会の実戦では、想定外の事態が続出します。突然、チャンスが見えた時に素早く攻撃できるか、が勝敗を決することが多い。

 

昨日、原油価格の急落という事態が生じ、私はこれをチャンスととらえて原油価格連動型ETFに投資しました。これが本当にチャンスだったのか、危機ではなかったのかは神のみぞ知るわけです。しかし、投資家は、いつかは何かに投資をしなければなりませんね。難しい話ですが。このETFはしばらくホールドです。

 

リートについても昨日触れました。昨夜のニュースでも話題になっていましたが、地方銀行がロスカットルールに従い、保有するリートを売却する必要に迫られているわけです。リートの値段も、株式等の値段と同じく、最終的には需要と供給で決まります。ですから、今回のように、買い手が少ない中で機関投資家が売却を強いられてしまうと、価格が大きく下がり、更なるロスカットを誘発する、ということで地獄が生まれるわけです。

 

2月28日の記事で、「機関投資家の場合、なかなか株を売り切れませんので、こうなってしまうと落ち着くまで時間がかかります。潜在的な売り注文が積みあがっている様子をイメージしています。」と書いたのですが、今のリートについても同じことを考えています。もう少し待てば、より優れたチャンスが到来するのではないか、という相場観です。

 

ただ、株について、3月15日頃を目途とすると、2月28日の記事で書いたのですが、想定していたよりもまだまだ強気派が多いです。リーマン危機で日経7000円台の頃と比べると、その点が全く違いますね。まだまだ全体的に、落ち切っていないという気もしており、やはり難しい相場が続いているという認識です。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

岸正和法律事務所

【住所】
〒543-0072
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号
※ 近鉄各線大阪上本町駅
大阪メトロ各線谷町九丁目駅からすぐ

【電話番号】
06-6777-7157

【営業時間】
09:00~19:00

【電話受付時間】
08:00~23:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP