~大阪の交通事故弁護士~ 交通事故外傷の治療が終わってからの流れ その2

大阪で弁護士に交通事故の相談をするなら岸正和法律事務所

06-6777-7157

〒543-0072 大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号

営業時間 / 09:00~19:00 電話受付時間 / 08:00~23:00 定休日 / 不定休

~大阪の交通事故弁護士~ 交通事故外傷の治療が終わってからの流れ その2

2020/08/01 ~大阪の交通事故弁護士~ 交通事故外傷の治療が終わってからの流れ その2

2020.8.1

 

今日も大阪市天王寺区(大阪上本町・谷町九丁目)の事務所で、交通事故被害者からの受任事務を処理しています。

 

昨日の続き、すなわち治療が終わってから、つまり症状固定から、交通事故損害賠償請求の事件が集結するまでの流れの説明です。

 

2 ①で定まった後遺障害等級を前提とする示談交渉

この段階では、相手方が任意保険会社に戻ります。損害保険会社は、自賠責保険による後遺障害等級認定結果を、基本的には尊重しますので、多くの場合はそれを前提として損害賠償額を算定し、任意保険会社が、最終的にいくら支払うのかの金額交渉に入ります。

この金額については、被害者に生じた損害の額を算定して、そこから既払い額として、任意保険会社が病院に支払った治療費や被害者に支払った休業損害等、更に自賠責保険会社が被害者からの請求に応じて支払った金額を差し引いた金額になります。要するに、①の段階で後遺障害等級がとれたために自賠責保険から受け取った金額は、既払い額となるということです。

交渉がまとまらなければ、訴訟や紛争処理センターの示談あっせん手続きに進みます。訴訟の場合、任意保険会社は、自賠責保険の認定した後遺障害等級について争ってくることが多いです。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

岸正和法律事務所

【住所】
〒543-0072
大阪府大阪市天王寺区生玉前町3-25
タマダビル803号
※ 近鉄各線大阪上本町駅
大阪メトロ各線谷町九丁目駅からすぐ

【電話番号】
06-6777-7157

【営業時間】
09:00~19:00

【電話受付時間】
08:00~23:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP